【徹底解説】”ブロックチェーン技術”の基本を『Bitcoin』に学ぶ

BitcoinやEthereumなどの仮想通貨(暗号通貨)を技術的な視点から語る上で、外すことのできないキーワードである”ブロックチェーン“。ブロックチェーンはその構成する要素と併せて”インターネット(Web)以来の技術革新”と言われるほどの技術です。

 

この記事を見て頂いている皆様の中にも、次のような想いをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

  • ブロックチェーン技術がわかるエンジニアになりたい
  • ブロックチェーンには起業家として興味がある
  • X-Techの取組みの一つとしてブロックチェーンを活用したい

 

そこで今回は これからブロックチェーンへの理解を深めて行きたい方に向けて、ブロックチェーン技術の基本的な部分について、出来るだけ簡単に解説していきたいと思います。

興味のある方は ぜひご覧ください。

  • ブロックチェーンとは?その定義と3つの特徴を知る
  • 最も有名な仮想通貨:Bitcoin技術の概要がわかる
  • 起業家やエンジニアが担うべき役割を知る



“ブロックチェーン技術”の基本

そもそもブロックチェーンとはどんな技術なのでしょうか。

シンプルにご説明すると「データ単位である“ブロック”を、鎖状(チェーン)に繋ぎ合わせていくことによってデータを保持するデータベースの一種」と表現することができます。

 

Google先生の検索にヒットするいろいろなサイトでは、ブロックチェーンを「分散型台帳技術(※Distributed Ledger Technologyの直訳)」と表現しているサイトが多いようです。

「台帳」という言葉に聞き馴染みがないからか、この表現のせいで若い世代に伝わりにくくなっているような気もしますね。

 

冒頭でお伝えした通り、WEBやSNSのような大きな可能性を秘めている技術ではありますが、実際にブロックチェーン技術を理解できるエンジニア・企業家が少ないのが現状ではないでしょうか。

この記事をきっかけにして、ブロックチェーンへの理解を深めて頂ければ幸いです。

 

日本国内では2018年の仮想通貨バブル流出事件の影響があり、一般的にあまり良い印象は持たれていないかもしれません。しかし仮想通貨に関わる不祥事の多くが、実は取引業者を含むヒューマンエラーの問題であり、ブロックチェーン技術の欠点をついたものではありませんでした。

 

特徴は大きく分けて3つ

日本では「ブロックチェーン 技術の普及拡大や社会実装」に向けた取組みを行なっている一般社団法人:日本ブロックチェーン協会(JBA)がブロックチェーンという言葉について定義しています。

(原文はhttps://jba-web.jp/aboutus:ページ中部の[Definition:ブロックチェーンとは]を参照ください)

 

ここでは、JBAの定義を以下のような形で要約しました。これをもとに3つの特徴について考えてみましょう。

■定義①:不特定多数が参加可能なネットワークにおいて、時間が経過するにつれてデータ改ざんの可能性が0へ近づいていく仕組み。

■定義②:暗号化技術の活用により 誤った情報を簡単に発見可能なデータ構造をもち、さらに不特定多数の参加者が同じデータを保持する。これにより障害・改ざんに強い仕組みを実現する技術。

 

二つの定義から、ブロックチェーンは次の特徴を持つことがわかります。

  • 改ざんの可能性は0に近い
  • 誤情報があってもすぐに発見される
  • データの破損・紛失リスクが低い

一時期、価格の高騰により注目を集めた時期は「ブロックチェーンが世の中の課題をすべて解決する!」かのような言われ方をしていました。

しかし今後、本気で普及拡大・実装を目指す上では、上記で挙げた特徴を念頭におくなどして、正しくブロックチェーン を理解する必要があるでしょう。

 

当サイト:Seeds4Bizにおいても社会実装に向けた事例やブロックチェーンの関連用語など、実践的で役に立つ情報を発信していきます。

 



併せて語られる:Bitocoinとは

ブロックチェーン技術をご紹介する上で、最も有名な仮想通貨・暗号通貨であるBitcoinについても おさらいしておきましょう。

 

Bitcoinは、Satoshi Nakamoto(中本哲史:ナカモト・サトシ)という人物によって発表された、“Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System”(ビットコイン:Peer-to-Peer電子キャッシュ システム)という論文を元に発明された暗号通貨・仮想通貨です。

 

この論文の考え方をベースとした暗号通貨技術の中核となる概念と言っても過言ではなく、ブロックチェーンを構成する要素についても論文上で詳しく言及されています。(Bitcoin.orgにより日本語訳論文も提供されているので、興味のある方はどうぞ)

“Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System”(※外部サイトへ)

 

中には「ブロックチェーン=Bitcoin」と認識されてる方もいらっしゃいますが、実はBitcoinを始めとする暗号通貨はブロックチェーン技術の応用パターンの一つに過ぎません。

概念的な話で恐縮ですが、これをコンピュータの仕組みで例えるとOSが「ブロックチェーン技術」、その上で動作するアプリケーションが「Bitcoin」という関係性に似ています。

 

Satoshi Nakamoto氏ってどんな人?

いわばWorld Wide Web技術におけるティム・バーナーズ=リー氏に相当する人物ともいえる「Satoshi Nakamoto」氏ですが、そもそも彼が本当に実在するのかどうかもわかっていません。

 

名前の響きから推測すると日本人?または日系人かと思われがちですが、そもそも実名か偽名か、個人か組織か?といった点も含め、全くの正体不明であるのというのが実情で、先にご紹介した最初の論文発表から10年以上が経過した 2020年になっても正体は明かされていません。

 

また、最近になってもWinnyの開発者がサトシ・ナカモトではないか?といった噂が流れるなど、いまだに人々の注目を集め続けています。(実はWinnyもブロックチェーンもP2Pという技術を利用している点に共通項があります。

 


まとめ

今回はBitcoinから読み解く”ブロックチェーン技術”と言うテーマで、基本的な技術についてお伝えしました。

2017年の仮想通貨バブルがから数年が経ち、いわゆる投機的な見方をする方の多くは撤退を余儀なくされたことかと思います。

 

ブロックチェーン技術の次のステップは、技術の本質を理解したコンサルタントやエンジニアが「“技術の革新性”と”顧客目線での価値提供”」の橋渡しをできるか否か?にかかっているのかも知れませんね。

 

■ビットコインとブロックチェーンの入門書はこちらがオススメです。