【徹底解説】”RPAとは?” 事例・体験談から見えてくる導入メリット

クラウドやAI、IoTなどと並んで、ここ数年Tech業界以外でも話題となりつつある“RPA”

政府が推し進める『働き方改革』への認知度が高まり、年々大きな注目を集めているキーワードではありますが、そもそもRPAとは何なのでしょうか?

 

今回の徹底解説シリーズでは、特に[RPA入門編]ともいえる基礎的な部分にマトを絞り、概要・メリット・導入事例などについてお伝えします。

残業削減や生産性向上など、働き方改革の本質に興味がある方には 参考にして頂ける内容となっています。

ぜひ最後までお付き合いください。

  • そもそもRPAとは何か?がわかる。
  • 導入することでどのようなメリットがあるのかを知る。
  • ユースケースをもとにRPAで何ができるか?のヒントを得る。




 

そもそもRPAとは何?

RPAは Robotics Process Automation という言葉の頭文字をとった略語で、日本語では「ロボットによる(業務)プロセスの自動化」という言葉で訳されています。

 

その言葉通り「これまで人間が担っていた仕事(プロセス)をロボットが自動処理(オートメーション)するための仕組み」と捉えて頂くと良いかと思います。

検索でヒットするサービス紹介記事の中には、RPAをデジタルレイバー(デジタル労働者)と呼称する記事も散見されますね。

 

その実体は”ドラ◯もん”や”ターミネ◯ター”、”鉄腕ア◯ム”のようにロボット(ハードウェアロボット)としての実体を持つものではなく、「パソコン上で人間が行う操作」をソフトウェアにより自動化する技術(ソフトウェアロボット)です。

 

RPA導入のメリット

RPAを導入することで私たちの働き方がどのように変わるのか?いわゆるRPAのメリットについて、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

これはそのままRPAの強みと言い換えることができます。具体的に我々”ヒト”と比較すると、RPAは大きく三つの強みを持っています。

  1. 休まない・辞めない
  2. 見落としやミスがない
  3. 圧倒的に速い処理速度

 

先にお伝えしたとおり、RPAはコンピュータ上で動作します。そのため最低限の環境さえあれば(機械の電源さえ入っていれば)24時間365日稼働させることができます(1.)。

また、普通の人間が「全ての仕事を100%ミスなく終える」のは難しいことかもしれません。(どんな人間でも1000個の処理があれば2〜3のミスが発生するのは仕方がないことです)

しかしロボットは一度覚えた仕事でミスをすることはありませんし(2.)、任せる仕事によっては人間の数倍以上のスピードで処理を行うことができるのです(3.)。

 



RPA活用のユースケース

次に、具体的にどのような仕事をRPAは手伝ってくれるのでしょうか?

このセクションでは実際に導入に成功した事例と、私が色々な企業へご提案する際に伺った経験談を交えながら深掘りしていきたいと思います。。

【前提】RPAは”魔法の杖”ではない

検討を始めるうえでの前提として、RPAは人間の仕事を「全部まるっとお見通し!」となるような魔法の杖ではないことに注意が必要です。

 

これは人間が “任せられる仕事” と “そうでない仕事” を見極めた上で、しっかりとした事前検討を行う必要がある、ということを意味しています。

もう少し噛み砕いてお伝えするなら、身近なところで言うと

  • ハンコの押印
  • 紙の領収書・レシートの仕分け
  • 課長(いつも寝てるだけ)のお茶汲み など・・・

といった仕事はRPAで自動化することはできません。

前提はコンピュータ上で人間が行っている操作を代行してくれるのがRPAと捉えていただければと思います。(みなさんが一番知りたいであろう「自動化できるシゴト」については次のセクションでご紹介しています。)

 

デジタル労働者とも呼ばれているため「大変な仕事を全部任せるんやで!」というお気持ちは痛いほどよくわかります。しかし、先にお伝えしたようにRPAはあくまでもコンピュータ上で動作するもの、という点を理解しておく必要があるでしょう。

 

また、RPAは よく「入社して間もない若手社員」に例えられることがあります。

もしどんなに優秀な若手社員であっても、重要な判断を伴う仕事を急に任せたりはしませんよね。おそらく先輩社員やマネージャーが“任せられる仕事”を見極めてアサインするのではないでしょうか。

RPAにも同じ考え方が当てはまり「先輩社員」にあたるヒトが仕事を見極める必要があるのです。

 

よくある事例

具体的にRPAはどのような仕事を自動化しているのでしょうか。最近では展示会でRPAが出品されることも増えていますが、やはり多くの場合で

  • 経費精算のチェック業務
  • 顧客管理システムへのデータ入力
  • 特定のデータ収集
  • システム間のデータ受け渡しに必要なCSVデータのクレンジング

といった業務においてRPAはその力を発揮しています。

展示会の展示員と会話したり、ほんの数分インターネット上の情報を調べて頂くだけで似たような事例は山ほど出てくることにお気づきになることでしょう。

これは少し見方を変えると、「RPA導入を失敗する確率が低い業務たち」と考えることもできます。

 

それを裏付けるように、成功したとされる事例の共通点として「事務処理シゴトにおけるルーティン業務(定型的な業務)」であること、そして「パソコンやサーバ上で人間が処理していた仕事」というものが挙げられます。

これまでお伝えしてきたポイントをハズしていない、という点をご理解いただけるかと思います。

 

「少し違った視点」から導入を決めるケースも

ここからは私の経験談をご紹介したいと思いますが、上記で挙げた以外では

  • 開発では投資対効果が見込めない業務
  • システム化が追いついていない業務

といった業務について、自動化の検討を始めるお客様が多い印象もあります。

これはRPAのもうひとつの特徴でもある「システム開発と比較して納期・コストが低い」というメリットをうまく活用した考え方です。

 

また、今回の話とは 若干毛色が違うかも知れませんが、とある企業で役員の方へご提案した際は“システム開発以外の選択肢=現場主導のカイゼン活動”として現場への展開を決めた、との話を伺うこともありました。

これはいわゆる「生産性向上」が目的というよりも「現場のカイゼン意識」を引き出す、という点が投資を決めたポイントだったようです。

 


まとめ

今回はRPAとは何か?またRPAが手伝うことになる仕事の中身について、事例と体験談を交えつつお伝えしてきました。

 

おそらく今後さらに普及が進むにつれて、定型的で付加価値の低い仕事(いわゆるルーティン業務)はロボットに代替される時代が来ると想定されます。

とはいえその一方、人間の仕事が奪われてしまうのではないか?といったご質問を数多く伺うこともあります。

 

ロボットに仕事が奪われる?考察した記事はこちら

 

これからRPAがさらに普及し、ヒトがルーティング業務しなくても良い時代が来るにあたり、”私たち=ヒト”はどのように考えて行動するべきなのでしょうか?

 

実際この種の議論が尽きることはなく、もしかすると どこにも正解はないのかもしれません。そこで、ここでは日本を代表する製造業である”オムロン”の創業者:立石氏の言葉をご紹介したいと思います。

この発言はRPAという考え自体なかった時代のものかと思いますが、まるでわれわれの疑問に答えているかのような、示唆に富んだすばらしいお言葉だと思っています。

 

『機械にできることは機械に任せ、人間はより創造的な分野で活動を楽しむべきである』

ーオムロン創業者 立石一真

 

Seeds4bizでは「ヒトにしか出来ない創造的な分野」の一つとして、これまでに御社が企業活動で培ってきた”強み”を活かした「新事業の創出」、「新たな事業ドメインの立上げ」を提言しています。

IoTブロックチェーンDXといった”ビジネスのタネ”に繋がる情報に興味のある方は、ぜひほかの記事もご覧ください。