「話が細かい部下」と「具体案のない上司」〜具体化と概念化のスキル〜

当サイトの「ビジネススキル」カテゴリでは、「ビジネスパーソンの必須スキル」をはじめ、若手ビジネスパーソンや「人材育成」に関わる方々に向けた情報をご紹介しています。

 

さて突然なのですが、実は最近 ふと自分が若手社員だった頃を思い返す機会がありました。右も左もわからなかった20台前半当時の私は、

  • 「Aマネージャー、話がフワフワしていて意味が全然理解できない。。。」
  • 「トラブルを相談しても、解決策になる答えが返ってこない!」

といった、仕事上のコミュニケーションについての悩みを抱えていたのを覚えています(懐かしい)。というのも、ここ数年で

  • 「一から十まで話すから、Bさんの報告は聞くだけで骨が折れるな。」
  • 「1分で出来る内容を、30分かけて報告されるのは困る!」

のようなケースが増え 若手メンバーの立場に立って考える経験が増えたからかも知れません。・・・同じような経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、その悩みを解決するキーワードである“具体化・抽象化”のスキルについてご紹介できればと考えています。

もし同じ様な悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてください。

  • 具体化・概念化とは何?が理解できる
  • それぞれを繋ぐキーワードとその考え方を習得できる
  • 改善ポイントから、お互いが寄り添うきっかけをイメージできる



「具体化」と「抽象化」

「具体化」と比べてもイメージしにくいのが「抽象化」という考え方かも知れません。

1955年、ハーバード大学の教授であるロバート・カッツ氏はマネージャーに必要な能力として3つのスキルを提唱しました。

今回のテーマでもある「概念化(抽象化)のスキル:コンセプチュアルスキル」はそこで提唱されているスキルの一つです。

概念化の考え方、アプローチは非常に奥が深く、文字数の都合上ここで多くはお伝えしませんが、この記事ではシンプルに「さまざまな事象に共通点や原理原則を見つけだし、抽象的に捉えるスキル」としてコンセプチュアルスキルを考えています。

 

残りの2つは「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」が挙げられています。

 

お互いが寄り添うためのキーワードは「◯◯」

「相手の立場に立って発言する」は「相手が理解できる粒度(=ツブ感)で話す」とも言い換えられるかも知れない

「抽象的に物事をとらえる(コンセプチュアルな思考)」の反対が「具体的に考える」ということでしょう。

Seeds4bizでは、これらの一見相反する考えを繋ぐのは「粒度(りゅうど)」が重要な鍵を握っていると考えています。

 

寄り添うために「相手の立場に立って考える」とは「相手が理解できる(最も理解しやすい)粒度」で話しを組み立てられているか?と考えることができる、というものです。

 



それぞれの”特徴”と”寄り添うコツ”

記事の前半では「具体化と抽象化」という考え方について、さらに寄り添うためのポイントとして「話の粒度」というキーワードをご紹介しました。

そしてここからは「話が細かい部下」「具体案のない上司」双方の特徴について掘り下げて考えていきたいと思います。ご自身やアノ人の考え方の傾向をイメージしながら理解を深めてみてください。

 

「話が細かい部下」の特徴

「話が細かい」とされる方の大きな特徴は、物事を要素に分解して考える能力が高い、とも言い換えられます。

これは少し考えてみると当然のことで、業務の内容が現場に近ければ近いほど交渉や折衝の場面などが増え、詳細を詰めていくスキルが求められるからです。

特に実務担当者レベルでは 大小様々な課題に直面しながら解決をはかることになり、おのずと細かな要素についても触れる機会が多くなることから、考えの組み立て方も「より具体的に」という傾向によっていくのだと考えられます。

 

寄り添うコツ

一方で、先輩や上司からすると「話がまとまってない」と感じられてしまうケースもあるようです。なぜなら必要な要素を全て説明しようとするあまり、話のコアがぼやけてしまうからです。

これを避けるための考え方として「一言で言うとどうなるか?」を意識することで「捉え方の抽象度」を上げてみることをオススメします。

もちろん初めは「言葉足らず」になってしまうかと思いますが、日々トライ&エラーを重ねることで伝え方のスキルも磨かれていくことでしょう!

 

「具体案のない上司」の特徴

Seeds4bizでは「問題解決スキル=全人類必須スキル」だと考えていますが、この問題解決という考え方も概念化のスキルを構成する要素のひとつです。

 

コンセプチュアルに長けた方の素晴らしいところは「事象を大枠で理解」する能力です。物事を構成する要素の中から共通項を見つけ出し、因数分解を行うかのようにシンプルにまとめる(サマリする)ことができるからです。

 

マネージャーの中でもローワーマネジメント層(プロジェクトマネージャなどの監督者層)に比べ、トップマネジメント層(CxO、役員などの経営層)に近づくほどに このスキルが強く求められることになります。

 

みなさまは「エレベーターピッチ」という言葉をご存知でしょうか。エレベーターで移動するおよそ30秒〜1分程度の時間で、起業家が投資家にサービスを提案することに由来するプレゼン手法です。

エレベーターピッチにも様々なスキルが必要ではありますが「短い時間でコンセプトを理解してもらう」必要があることから、提案したサービスをサマリして伝える(=概念化)スキルが最も重要なスキルのひとつと言えるでしょう。

伝え方に不安がある・・・そんなあなたもPREP法でプレゼンマスターになってみる?

 

寄り添うコツ

抽象的な伝え方は、本質を捉えているように聞こえますが「じゃあ次に何をすべき?」というレベルまでの解像度の高さに欠けています。

しかし、実は若手メンバー(特にそれが社会人経験の浅いメンバー)であるほど、求めている指示・アドバイスに具体性を求める傾向があります。

 

監督者・管理者の立場であるあなたは「あえて抽象的な指示を投げかけることでメンバーの思考を引き出したい」という育成の意図もあるかも知れませんが、そうでない場合は「明確な行動レベルの指示」を与えることで若手メンバーの悩みを解決できるのではないでしょうか。



まとめ

今回は立ち飲み居酒屋トークでありがち(?)な、若手社員と管理職のグチを参考に「具体化・概念化のスキル」についてご紹介しました。

 

およそ2500年以上前の中国の思想家である孔子ですが、その弟子たちが残した言行録である『論語』において、「辞は達するのみ」という考えを伝えています。

ここでいう”辞”とは”言葉”を指しており、噛み砕いてお伝えするなら「言葉は相手に伝えるからこそ意味がある」と解釈することができ、2500年以上前の言葉からも現代の我々は多くを学ぶことができます。

 

「言いたいこと」を相手に投げつけるのではなく、「伝わる言葉=相手にとっての最良」を選択できる大人になりたいものですね。