【徹底解説】Googleのノーコード開発環境|AppSheet のメリットと できること

今回のテーマは「Googleのノーコード開発環境:AppSheet」についてです。

 

  • そもそも AppSheet って何?
  • 活用することで、どんなメリットがあるの?

と言った疑問をお持ちの方に向けて、AppSheetの基本的な部分にフォーカスを当て、メリット・実現できることなどをご紹介したいと思います。

 

似たような悩みをお持ちの方、AppSheetに興味がある方は ぜひ参考にしてみてください。

  • AppSheetとは? その概要を知る
  • メリット” や “実現できること” を理解する
  • 注意しておきたいポイントとは

 

AppSheet = GoogleのNCDP(ノーコード開発)

2020年1月にGoogleによる買収が発表されたAppSheet。さらなる市場の拡大が期待されている。

AppSheet “は、シンプルにお伝えすると「Googleが提供しているアプリのノーコード開発環境」です。

エクセルやスプレッドシート、データベースなどからデータを抽出し、AppSheet上でアプリ構築のベースにすることができます。

コードを全く書かずにアプリ作成ができる、いわゆるノーコード開発サービスであることから、総務部や営業部といった「ユーザー部門」の主導で業務アプリを運営することができます。

  • 情報をエクセルで管理している
  • いやいや、うちなんて紙とペンだよ。
  • でもそんな情報をスマホでもチェックしたい

といった現場の方にオススメのサービスです。

もともとGoogleはノーコード開発環境としてApp Makerというサービスを提供していましたが、昨年1月半ば、GoogleによるAppSheetの買収が発表されました。

その2週間後にはAppMakerのサービス終了が発表され、後継サービスとしてAppSheetが紹介されるなど、AppSheetはさらなる市場の拡大が期待されています。

 

フォレスター社 の2019年のレポートによると、世界的なローコード開発ベンダー:12社の中でも「AppSheetは、開発者としてのビジネスパーソンに力を与えるための、最も積極的な戦略とロードマップを持っている」という評価を受けています。
また英語ではありますが、Googleの Downloadページ から同レポートを参照できるようです。

 

Appsheetのメリット

昨今、バズワードとしてDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれ、デジタル化・システム化への投資の流れが加速しています。

しかし実際の現場に目を向けると、いまだにエクセル、Eメール、や紙とペンなどで情報を管理している企業も少なくありません

AppSheetには これらの仕事をデジタル化し、コアとなるシステムへと統合することができる。というメリットも持ち合わせています。

 

※”ノーコード/ローコード開発環境のメリット” は、以前の記事 で詳しく解説しています。

 

AppSheet で実現できること

AppSheetで利用できる標準機能の一部

 

AppSheetでは、標準でもさまざまな機能を利用することができます。

上の画像(画像クリックで拡大)は標準機能の一部ですが、アイディア次第で多種多様なアプリを開発できることがわかります。

その中でも「データの記録・参照」を改善するデータキャプチャ、クラウド上の情報を取り扱うことで実現されるコラボレーション、データ分析・予測分析を見越したBusiness Inteligence(ビジネス・インテリジェンス)と言った機能を実装することができます。

※説明中のリンクをクリックすると、AppSheetが公開しているサンプルアプリ(Sample App)のページを確認いただけます。興味のある方はぜひ。

 

データキャプチャ

GPSにより位置情報を記録したり、スマートフォン上でのサイン(署名)受領、バーコードスキャン機能を活用することで「データの記録・参照」の仕事を改善できます。

配達先でのチェックインや、倉庫での在庫管理や検品などでも活用することができるでしょう。

 

おそらくこれまでは「現場を知らないシステム部を説得する」という大きなハードルがあったかも知れません。

AppSheetなら、現場のメンバーの想いから 仕事のやり方を改善することができます。もちろん、”一行もコードを書く必要なしに”、です。

 

コラボレーション

AppSheetでは、MySQLなどの各種データベースからはもちろん、クラウド上にあるエクセル・スプレッドシードからでもアプリを作成できます

つまり「昨日まで使っていたエクセル」を「今日からスマホアプリにします」ということが実現できることになります。

GoogleDriveだけではなく、OneDriveやbox、DropBoxなどGoogle以外が提供するサービス上に保存されていても同じです。

また、セキュリティのポリシーは 各クラウドサービスに沿った形で提供されるため、新しい働き方(=リモートワーク)を実現する上でも大いに役立ちます。

 

【関連記事】リモートワークでも高い生産性を!キーワードは「紙のデジタル化」と「共同作業」

 

Business Inteligence

ダッシュボード機能(グラフ表示)や、自動通知機能などにより、収集されたデータをリアルタイムで分析・監視することができます。

売上げ予測やパイプライン管理などの情報はもちろん、シンプルな顧客管理/CRMもアプリ化することも可能です。

 

Appsheetの利用料金

2021年3月末現在、どんなプランの機能を使っても無料で最大10人までのアプリ開発・テストの機能が提供されています。

プランの変更などはAppSheetの公式Webサイトをチェックしてみてください。

AppSheet 価格ページ ※外部リンク

AppSheet使用ライセンスについて調べてみた ※外部リンク (  の説明がわかりやすいかも)

 

日本語対応が待たれる・・・

ここまでで “AppSheet” のメリットについてお伝えしてきましたが、ひとつだけ大きな懸念点があります。

AppSheetのサイトって、全部 “英語” なんですよね・・・

2021年3月末現在、アプリ作成画面を含め日本語に対応しておらず、全て英語で表記されています。

 

それでもAppSheet使いたい!という方のために、日本語のヘルプサイト(Appsheet Knowledge Base(日本語) ※外部リンク)をご紹介しておきます。

メンバーエリアのコンテンツを見るには登録が必要?のようですが、チュートリアル的なコンテンツも整備されており、AppSheetの基礎を理解されたい方には参考になると思います。

また [フォーラム] のページでは、不明点などの質問にも運営者の方が答えてくれているようです。

 

まとめ

今回は「コード不要のアプリ開発環境:AppSheet」についてお伝えしました。

 

当サイト:Seeds4Biz(しーずふぉーびず)では、創業〜新たな事業の展開に至るまで、”ビジネスのタネ” に繋がるような情報を幅広く発信しています。

今回の内容が「参考になった、興味をもてた」と言う方は、ぜひ他の関連記事からも興味のある情報(ビジネスの”タネ”)を探してみてください。