【徹底解説】「決算書」は会社の家計簿!経営者が理解すべき重要な3要素とは

今回のテーマは「決算書」についてです。

 

会社の経営状態を把握するのに欠かせない「決算書」ではありますが、これから起業を目指す方、若手経営者の方の中には

  • 決算書って一体何?
  • 経営者/起業家も決算書を理解した方がいいの?

といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。

 

そこで今回は「決算書の基本・入門編」となる内容をお伝えしたいと思います。

前半では「決算書とは何なのか?」について、そして後半では「なぜ経営者は決算書を理解できないといけないのか?」を解説していきます。

似たような悩みをお持ちの方は ぜひ参考にしてみてください。

  • 決算書とは何?を知る
  • 経営者が決算書を理解すべき 3つの理由がわかる

決算書とは?『会社の家計簿』

決算書とは、会社のお金の流れを記録した帳簿の集まりです。

これらを見れば会社の売上から利益、そして負債額にいたるまで把握できます。会社にとっての『家計簿』とイメージするとわかりやすいでしょうか。

具体的は次のような書類を指します。

  • 貸借対照表(BS)
  • 損益計算書(PL)
  • キャッシュフロー計算書(CF)
  • 株主資本等変動計算書
  • 注記表
  • 附属明細表

原則として、決算書は会社の「事業年度の最終日時点」の数値をもとに1年に1回作成されます。これは、その事業年度の会社の経営状態を確認したり、納税の基準額にしたりするためです。

最終的に会社の決算書として完成された帳簿は「事業年度の終わりに作成された決算書」になりますが、四半期や月次で作成された決算書も「その時点での会社の状況」を把握するのに欠かせない判断材料となります。

 

会社によっては四半期決算(3か月ごと)や月次決算(1か月ごと)のタイミングでも決算書が作成されるケースもあります。これには四半期や月次においてリアルタイムに経営状態を把握するため、ですね。

 

重要な3つの要素:BS・PL・CF

上記決算書の中で特に重要な書類が3つあります。それは貸借対照表(BS)・損益計算書(PL)・キャッシュフロー計算書(CF)です。

この3つを読めば、会社の経営状態・財政状態をほとんど把握できます。会社経営には欠かすことの出来ない重要な情報が詰まった書類です。

 

【関連記事】”キャッシュフロー計算書”で「支払い能力」がわかる?経営者こそ理解すべき理由とは

【関連記事】”貸借対照表(B/S)”でわかる 財政状況の現在地|資産と負債を把握しよう

【関連記事】損益計算書(PL)で会社の利益を把握する|管理職・経営者が理解すべき理由とは

経営者が決算書を理解すべき理由

ここまでで、決算書は「会社経営に欠かすことの出来ない重要な書類」ということをお伝えしてきました。

特に経営者は、自身で決算書を読み解ける必要があります。それはなぜでしょうか?さっそくみていきましょう。

 

適切な経営判断を行うため

経営者として 適切な経営判断を下すためにも、決算書の理解は必須条件と言えます。

  • 自分の会社が儲かっているのか?
  • それとも赤字なのか?
  • 売上と利益の比率はどのくらいか?

など、決算書には経営に必要な情報が詰まっています。

自社の状況を正確に理解できていない人間が、適切な経営判断を下せるわけがありません。決算書が理解できないまま経営を続けると「儲かっていると思って操業を続けていたのに、フタを開けてみると赤字が積み重なっていた>o<」という事態にもなりかねません。

経営状況を正しく把握するためにも、決算書を理解しておくべきでしょう。

 

会社の経営状態を正確に伝えるため

会社の経営状況を正確に伝える」という視点でも、決算書の理解が必要です。

決算書をみると、会社の経営状態を一目で把握できます。

それは経営者だけでなく他者にとっても同じこと。他者と会社の状況を共有したいとき、決算書を一緒に確認するとスムーズに話が進みます。

 

例えば社内で経営成績を話し合うとき、決算書を手元に置いて話を進めることで「全員が同じ認識」の元議論をすることができます。「今自社は儲かっているのか?」をわざわざ説明する必要はありません。

 

他社の経営状態を正確に把握するため

もし他社の経営状態を知りたいときには、公表されている決算書で確認できます。

新たに取引を考えている会社や、共同開発を行いたい会社の経営状況がどうなのかなど、他社の決算書が気になったときは各社のIR情報を確認しましょう。

 

社内で使うにしても他社の経営状態を確認するにしても、決算書の読み方を理解できていなければ「その会社の経営状態がどうなのか」を判断することはできません。そのため、経営者は決算書を正確に理解できる必要がある、と言えるでしょう。

 

まとめ

今回は「決算書の概要と、経営者が理解すべき理由」についてお伝えしました。

重ねてになりますが、起業を目指す方や若手経営者の方は、迅速かつ適切な経営判断を下すためにも、決算書の理解は必須と言えます。

 

当サイト:Seeds4Biz(しーずふぉーびず)では、創業〜新たな事業の展開に至るまで、”ビジネスのタネ” に繋がるような情報を幅広く発信しています。

今回の内容が「参考になった、興味をもてた」と言う方は、ぜひ他の関連記事からも興味のある情報(ビジネスの”タネ”)を探してみてください。

ファイナンス|Seeds4Biz