V2MOMフレームワークで「チームの目標設定・意思統一」を実現する

今回のテーマは「目標設定・意思統一のフレームワーク “V2MOM”」についてです。

 

組織で成し遂げたいことがある時、「達成したいゴール」と「実現のための方法・プロセス」の設計ー。つまり”目標設定”こそが成功へ向けた最初のステップです。

しかし、その一方で

  • 経営者・役員のひとりよがりな内容になった
  • シンプルすぎてメンバーに真意が伝わらない
  • 経営層と現場メンバーとの間で意識の隔たりがある。

という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、目標設定・意思統一のためのフレームワークとして:V2MOMをご紹介します。

記事の前半では「V2MOMの特徴・メリット」について、そして後半では 「目標設定の手順」についても解説していきます。

 

似たような悩みをお持ちの方。V2MOMにフレームワークに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • V2MOMフレームワークの概要を知る
  • ??「どんな特徴があるのか言うてみてよ」
  • V2MOMで計画を立ててみる

 

“V2MOMフレームワーク”とは?

V2MOMフレームワークとは CRM/SFA(顧客管理/ 営業支援)ツールで世界一のシェアを誇っているSalesforce.com社(SFDC)が活用する、「チームの目標設定・意思統一」のためのフレームワークです。

SFDCのWEBサイトにあるV2MOMの解説ページでは、次のように説明されています。

成功の基盤となるのは、継続的なコミュニケーションと、完全な意思統一です。

Salesforceでは、その両方を実現するために、私が考案した「V2MOM」という管理手法を長年にわたって活用してきました。V2MOMは、ビジョン(Vision)、価値(Values)、方法(Methods)、障害(Obstacles)、基準(Measures)の頭文字です。

V2MOMで全員の意思統一を図ることが、当社の成功に不可欠な要素だと私は考えています。

– Salesforceの成長を支えるV2MOMとは

 

“シンプル” でも “取組むべきが明確”

Seeds4Biz編集部が考える、V2MOMの一番のメリットとして「“シンプル”でありながら”何をすべきか?”まで噛み砕く」ことができる点があります。

一般的に、経営・役員層が考える”目標”は、抽象度が高すぎるあまり、現場の方の行動レベルまで浸透しきらないケースが後を経ちません。

逆に 現場の価値観に寄せ過ぎた目標を設定してしまうと、会社が成長する可能性を狭めてしまう(=最大化できない)、と言うジンクスがあります。

 

つまり “成長 x 着実な事業活動” を実現するためには、「先を見据えて抽象度たかく設定された目標」と「じゃあ普段の活動でなにすんの?」を上手に橋渡しできるか?が重要なポイントです。

V2MOMでは「抽象度たかく設定された目標」をVison、「普段の活動でなにすんの?」をMethodsやObstacleという項目で定義しており、「”シンプル”でありながら”何をすべきか?”まで噛み砕いて」伝えることができるフレームワークと言えます。

フレームワーク(=論理的思考のテンプレート)で思考を加速させる今回のテーマは「フレームワークのメリット」についてです。   突然ですが、こういった困りゴトはありませんか? チームで販売戦略を考えているけど、いつも認識がズレる メンバー…
続きを読む
 seeds4.biz
フレームワーク(=論理的思考のテンプレート)で思考を加速させる

 

V2MOMでチームの意思を具体化する

前半では V2MOMの概要とメリットについてお伝えしてきました。

ここからはV2MOMフレームワークを構成している要素、抑えておくべきポイントを解説します。

架空の革財布ブランド:Xen-note社が掲げたV2MOMを見ながら、ご理解の解像度を上げて頂ければと思います。

それでは早速みていきましょう。

 

Vision:達成したいこと?

まず最初に「Vision:ビジョン/望む姿」を設定します。

ここでは、”達成したいこと” や “実現したい未来” の言語化を目指します。

 

たとえば架空の革財布ブランド: Xen-note社では、高い革製品の加工技術を強みを生かし、『自社製品を通して、革製品の魅力を日本中に証明する』という”ビジョン” を定義しました。

 

Value:譲れない価値観?

「Value:価値観」では、Visonを達成する上で”譲れない価値観”について定義します。

Visionの実現を目指す上では、時に判断に迷うような困難に直面することがあります。

そこで事前に “譲れない価値観” を定義しておくことで、いざ困難に直面した際でも「一貫性のある基準」をもとに判断を下すことができます。

 

Xen-note社の “譲れない価値観”は、

  • 世代を超えて利用される製品の提供
  • 私たちは現代に生きている(新たな考えを柔軟に受け入れる)
  • 長期視点で職人の地位を向上させる

というものがあるようです。

 

Methods:どんな方法、ステップ?

「Methods:手法」では、Vision実現のためのアクションプランを戦術レベルで定義します。

 

Xen-note社は、主たるアクションプランとして

  • インフルエンサーとのコラボレーション
  • ECサイトの拡充
  • 代理店販売ルートの開拓

の三つを設定したようです。

三項目のそれぞれが、先に挙げたVisionである「革製品の魅力を日本中に証明」のための「広告・購買・拡販/サポート」の領域強化に繋がっている、とイメージ頂けるのではないでしょうか。

 

Obstacles:クリアすべき問題?

「Obstacles:障害」では、Visonを実現する上で(すなわちMethodsを実行する上で)ハードルとなりうるものを定義しておきます。

また、併せて障害を乗り越える方法についても記載できれば、より良いものになるかと思います。

 

Xen-note社では、超えるべきハードルを『キャッシュレス化に伴う革財布のニーズ低下』 だと捉えました。

それと同時に「財布と新商品の組合せで、新しいライフスタイルを提案する」ことによって、新たな付加価値を提供する戦略を立てたようです。

 

Measures:定量的な指標は?

「Measures:基準」では、 Visionの成果・進捗を定量的に測定できる(つまり数値で管理できる)基準を選択します。

 

架空の企業:Xen-note社は、「コラボイベントの開催数」「ECサイトのアクセス数」「代理店契約の締結数」「新製品のテストマーケティングでの満足度」などを定量的な指標として設定しました。

 

まとめ

今回は「チームの目標設定・意思統一」のためのフレームワーク、”V2MOM”についてご紹介しました。

別の記事でもお話していますが、「ビジョン(Vision)」はチームメンバーに共感されないままなら「妄言(Delusion)」に過ぎません。

すなわち、創業者・経営陣の想いは、従業員に伝わり・実行されて初めて価値が生まれるということです。

みなさまの想いを “妄言” で終わらせることなく、V2MOMを活用して「チームの目標設定・意思統一」を実現して頂ければうれしく思います。

 

当サイト:Seeds4Biz(しーずふぉーびず)では、”ビジネスのタネ” に繋がる情報を幅広く発信しています。

今回の内容が「参考になった、興味をもてた」と言う方は、ぜひ他の関連記事からも興味のある情報(ビジネスの”タネ”)を探してみてください。